お手軽に早く・安く・クラスTシャツを作ろう

学生時代に一度くらいクラスTシャツを作ったことはありませんか。体育祭や文化祭などでクラスメイトとお揃いのお洒落なクラスTシャツで演技などをすると一生の思い出になるでしょう。しかし、どのように作ったり、注文したりするか分からないこともあると思います。そこでTシャツの作り方から注文の仕方まで紹介します。まず作り方です。一昔前までは、手書きでデザイン画を描き、専門のお店で打ち合わせをし、注文していたかと思います。現在は、WEBサイトでデザインをし、スムーズに注文まで出来ます。さらに、スマホなどからも出来、端末に入っている写真などもTシャツにデザインすることも出来ます。文字と組み合わせることで、世界に一つだけのTシャツが出来ます。色々な案を出し合って作ってみましょう。

クラスTシャツを作る際の注意点とオススメポイント

クラスTシャツを作る際の注意点を解説します。それは、デザインの転用です。デザインをする際に何かを参考にしたり、WEBサイトで見つけてきたりしたものを使うという著作権法で守られています。そっくりそのまま使うには権利者の許可が必要になります。また元ネタが分かるようなデザインについても権利者の許可が必要となります。しかし、学校の授業などで使用する場合は著作物の許可はいりませんが、授業などで使い終わってからの使用に関しては、著作権が発生します。十分に注意が必要です。このようなことに注意しながら作る際のデザインのオススメは、クラス全員の名前やスローガンなどです。なにかテーマを持って成し遂げる際には特に良いと思います。クラス全員と意見を出し合って、デザインをしてみてください。

クラスTシャツを作る流れと注文する際の注意点

クラスTシャツを作る流れを解説します。まずは、デザインを考える。先ほど紹介した著作権に注意しながら案を出す。また、色々な文字を入れる際のフォントも考えてみましょう。フォント一つでかっこよくもなり、かわいいTシャツになります。次に、Tシャツの生地を決めます。価格面と折り合いをつけながら決めます。生地が薄かったり、無名メーカーのモノは価格が安いです。厚手で、きっちりしたメーカーのモノは価格が高くなります。やはりTシャツにプリントしたりすると、洗濯時にヨレヨレになり、せっかくのプリントも台無しになります。利用シーンが多い場合は、しっかりした生地を使用したモノにするのをオススメします。あとは、納期です。注文枚数によっても左右するので、前もって調べておきましょう。枚数が多くなったり、学生であったりすると割引などもあるので利用してみてください。